肥大型心筋症とは

正常な心臓の心筋の厚さは、左心室で10mm程度、右心室で3mm程度です。
この心筋が、何らかの原因によって異常に厚くなった状態を心肥大といいます。
高血圧が原因となっているものが最も多く見られます。
強い圧力で血液を送り出さなければならないので、心筋が厚くなってくるのです。
肥大型心筋症では、明確な理由がないまま、心筋の一部が無秩序に肥大していきます。
肥大型心筋症では、一般に心臓の収縮力は低下せず、心不全が起こることは少ないのです。
しかし、不整脈には注意が必要です。
心室性期外収縮のほか、心室頻拍、心室細動など危険な不整脈が起こることがあります。
肥大型心筋症の発症頻度は、まだ大規模な統計がありませんが、日本では10万人当たり170~374人という調査結果もあります。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/突発性心筋症/肥大型心筋症とは.html on line 62

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/突発性心筋症/肥大型心筋症とは.html on line 64

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved