薬物療法

安定狭心症で病状が軽い場合や、患者さんが高齢の場合は、薬物療法が中心となります。
<発作を起こさないようにする薬>
硝酸薬やカルシウム拮抗薬などの血管を広げる作用をもつ薬を用いて、発作を予防します。
それでも発作が起こる場合には、β遮断薬が使われることもあります。
硝酸薬には、皮膚に貼って、皮膚を通して薬を吸収させる貼付薬もあります。
<発作を速やかに鎮める薬>
発作が起きたときには、硝酸薬の1つで、即効性のあるニトログリセリンを用います。
舌の下で溶かして、口の中の粘膜から吸収させる舌下錠のほか、口の中に噴霧するスプレー薬があります。

不安定狭心症では、入院して、血栓ができるのを防ぐために、抗血小板薬や抗凝固薬、ニトログリセリンを点滴します。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症/薬物療法.html on line 63

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症/薬物療法.html on line 65

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved