狭心症の症状

狭心症では、胸が締めつけられるような痛みや、胸の圧迫感、動悸、息苦しさなどの症状が、発作として現れます。
労作時狭心症のときは、階段や坂を上ったり、重たいものを持ち上げるなど、いつもより少し激しく動いたときに、発作が現れます。
安静時狭窄症の特徴として、午前4~6時間くらいの明け方に発作が起こることが多いです。
就寝前に起こることもあります。
気温の低いときや飲酒後などにも発作が起きやすくなります。
狭心症の発作は、長くは続きません。
短ければ数秒で鎮まることもあります。
症状が20分以上続くときは、心筋梗塞の疑いが出てきます。
冠動脈が強くけいれんし、心筋全体が虚血状態になる異型狭心症という病気もあります。
心電図検査で、特徴的なST部分の上昇が見られると、この病気と診断されます。
安静時狭心症の強いタイプと考えてよいのですが、心筋梗塞になることもあります。
また、不整脈により突然死することもある危険な状態です。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症/狭心症の症状.html on line 65

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症/狭心症の症状.html on line 67

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved