日常生活では

狭心症の薬は、長期間使用することになります。
調子がよいからといって、勝手に中止したりしてはいけません。
医師の指示に従って、正しく使用してください。
また、発作の引き金になるようなことも、避けることが大切です。
急激な温度変化があると、発作が起きやすくなります。
寒い朝などに、暖かい室内から寒い屋外に急に出ないよう気をつけることも大切です。
飲酒して発作が起こる人は、禁酒を心がけます。
喫煙すると血管が収縮ため、冠動脈の血流が悪くなります。
喫煙は、動脈硬化も促進するので、必ず禁煙を実行してください。
なお、運動は健康のために欠かせませんが、狭心症の場合、運動が発作の原因になることもあります。
発作が起きない範囲で、少しずつ毎日の運動量を増やしていき、徐々に体力をつけていきます。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症/日常生活では.html on line 63

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症/日常生活では.html on line 65

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved