労作時狭心症と安静時狭心症

労作時狭心症・・・体を動かしたときに胸痛などの発作が起こるタイプで、動脈硬化が原因で起こります。
運動するときには、全身の筋肉にたくさんの酸素を供給されるために、心臓は拍動を速めて、全身に送る血流量を増やします。
心臓の仕事量が増える分、心筋も多くの血液を必要とします。
しかし、冠動脈が狭くなっているので、血流量があまり増えず、心筋は血液不足になります。
すると、痛みなどの発作の症状が起こります。

安静時狭窄症・・・運動と関係なく、睡眠中など、安静しているときに発作が起こるタイプです。
原因は、冠動脈がけいれんして細くなり、血流不足になることです。
けいれんが起こる原因は不明です。
動脈硬化が起こり始めたころに発症することが多いのが特徴です。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症/労作時狭心症と安静時狭心症.html on line 62

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症/労作時狭心症と安静時狭心症.html on line 64

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved