治療法の選択

PCIは身体的負担も比較的軽く、長所の多い治療法です。
しかし、再狭窄や血管を傷つける危険性もあります。
冠動脈バイパス手術は、大がかりな手術ですが、効果はより確実です。
1つの治療法にこだわらず、担当医とよく話し合って、広い視野で自分に最も向いている治療法を選ぶことが大切です。

冠動脈バイパス手術後、医師の指導のもと、生活習慣の改善や薬物療法で、再発を予防していくことが大切です。
バイパス自体が閉塞することがあります。
この場合はPCIで治療することが多いのです。
対処が遅れると、命に関わることもあります。
異常を感じたときには、すぐに医療機関を受診してください。




Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症・心筋梗塞の非薬物治療/治療法の選択.html on line 65

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症・心筋梗塞の非薬物治療/治療法の選択.html on line 67

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved