内科的治療

以前は、手術療法と薬物療法しかありませんでしたが、現在は、非薬物的内科治療が大きく進歩して、治療の主流になりつつあります。
カテーテルを冠動脈に挿入して、狭くなった部分を広げるバルーン療法は、胸を切開せずに治療ができるため、経皮的冠動脈形成術(PTCA)と呼ばれています。
その後、RTCAを基本としてさまざまな手法が開発され、現在の非薬物的内科治療をまとめて、経皮的冠動脈介入術(PCI)と呼ばれています。
PCIには、種類があり、心筋梗塞に行われるのは、バルーン療法とステント留置療法がほとんどです。
急を要する心筋梗塞の治療で、比較的簡単に行うことができます。
手術法に比べて、身体的負担が少ないので、近年ではPCIを選択する人が多くなりました。
日本でPCIの比率が高いのは、手術が望まれていない傾向があるのと、PCIの技術が発達しているためと考えられます。
手術療法が適しているか、PCIが適しているかについて、明確な判断基準はありません。
そのため、医療機関や医師の考えによって、治療法が選択されています。
一般的には、左冠動脈の根元が狭窄しているなど、重症の場合は、手術療法が選択されることが多いです。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症・心筋梗塞の非薬物治療/内科的治療.html on line 63

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症・心筋梗塞の非薬物治療/内科的治療.html on line 65

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved