ステント留置療法の方法

ステントとは、金属でできた、小さな網状の筒です。
これを、バルーンにかぶせて、カテーテルで狭窄部に送り込みます。
そして、バルーンを膨らまして、冠動脈を押し広げ、同時にステントを広げ、内壁に固定します。
ステントが血管壁を内側から支え、再狭窄を防ぎます。
最近は、ステントの改良が進み、長さが4cmのものもあるので、狭窄が広範囲に及んでいるときでも使うことができます。
また、末梢の細い血管に留置できる細いステントもあります。
複数の狭窄部があるときには、何本もステントを入れることもできます。
なお、冠動脈の根元の太い部分にステントを留置すると、ステントを入れた範囲から枝分かれしていく細い血管には血液がいかなくなります。
そのときは、太い部分での血流確保が最優先されます。
ステントは、一度入れたあとは、留置したままにしておきます。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症・心筋梗塞の非薬物治療/ステント留置療法の方法.html on line 63

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/狭心症・心筋梗塞の非薬物治療/ステント留置療法の方法.html on line 65

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved