外食が多い場合の食事バランス

外食すると、どうしても油っこいものや塩分を取りすぎていまい、栄養のバランスも悪くなりがちです。
仕事上、外食が多い人は、外食の日をできるだけ連続させないように気をつけます。
昼、夜と外食した翌日の朝は、家できちんと食べて仕事に出かけ、仕事が終わったらまっすぐ家に帰って食事をします。
また、外食する際のメニューにも気をつけます。
丼ものなど、単品で食事ではなく、品数の多い定食を注文したり、栄養が偏りがちなときは、野菜サラダや乳製品、果物を加えるようにします。
揚げ物はできるだけ避け、量が多いと感じたときは、思い切って残すことも大切です。
栄養バランスは、1日の食事だけでなく、1週間単位で調整すると考えて、気長に心臓を守る食生活をしましょう。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/日常生活のポイント/外食が多い場合の食事バランス.html on line 60

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/日常生活のポイント/外食が多い場合の食事バランス.html on line 62

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved