最も危険な再発

一度急性肺塞栓症にかかった人は、病状が安定しても安心はできません。
急性肺塞栓症を起こした人の経過を調べると、死亡原因が最も多いのは急性肺塞栓症の再発です。
急性肺塞栓症にかかった人は、もともと血栓ができやすい素因があるので、再発する危険性が高いのです。
再発を防ぐには、急性期の治療以降も、抗凝固療法を続けていく必要があります。
原因がはっきりしていて、完全に除ける人は3~6ヵ月ほど抗凝固薬を服用すればよいでしょう。
しかし、原因がはっきりわからない、原因を除けない人は、長期間服用を続ける必要があります。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/急性肺塞栓症/最も危険な再発.html on line 59

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/急性肺塞栓症/最も危険な再発.html on line 61

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved