急性心筋炎とは

心臓の筋肉が炎症を起こす病気が心筋炎です。
かかり始めの時期を特に急性心筋炎をいいます。
ほとんどは、風邪の原因となるウイルスが心筋に感染することで起こります。
風邪のウイルスが原因なので、心筋炎が発症する1~2週間前から、発熱、頭痛、だるさ、せきなど風邪に似た症状が現れます。
実際には、心筋炎であっても風邪と考えていて、軽い場合には心筋炎が治っている人もかなりいると考えられています。
ただし、一部の患者さんは、心筋の障害が進み、重い症状を引き起こします。
風邪が長引くときは、注意する必要があります。
特に、劇症型心筋炎では、心筋にむくみができて、広範囲に炎症が及ぶことによって、胸痛が起こることがあります。
また、心臓を拍動させる電気刺激がうまく伝わらず、房室ブロックが起こることもあります。
さらに、心筋に収縮が障害されて、重症の心不全を起こすこともあります。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/急性心筋炎/急性心筋炎とは.html on line 62

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/急性心筋炎/急性心筋炎とは.html on line 64

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved