硝酸薬の作用と副作用

冠動脈や末梢の血管を広げる薬で狭心症などの虚血性心疾患に効果があります。
最も使われるのは、硝酸薬でとくにニトログリセリンです。
硝酸薬には、血管を拡張する働きがあり、体内に入った硝酸薬は、血管の平滑筋に入り込み、一酸化窒素をつくります。
この一酸化炭素が、冠動脈や末梢の血管の平滑筋に働きかけることで血管が拡張して、冠動脈が広がれば、狭心症の発作は改善されます。
末梢の血管が拡張すると血管内の血液の量が多くなって、心臓に戻る血液がその分減って、心臓の負担が軽くなります。
心筋の虚血が解消されて、発作が鎮まります。

副作用は、血管を拡張させる働きが強いので、頭痛や血圧によるふらつき、立ちくらみなどがあります。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓病の薬物治療/硝酸薬の作用と副作用.html on line 60

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓病の薬物治療/硝酸薬の作用と副作用.html on line 62

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved