心臓の電気刺激の副作用と注意点

不整脈の薬には、頻脈と徐脈に用いるものに大別されます。
Ⅰ群に分類されるには、洞結節でできた電気刺激が心筋に伝わる速度を遅くする作用のある薬です。
電気刺激は刺激伝導系から心筋に伝わります。
心筋細胞にナトリウムイオンが流入する必要があります
Ⅰ群の抗不整脈は、電気刺激が心筋に伝わる速度を遅くなり、頻脈性不整脈が改善します。

副作用は、心臓の機能が低下して、徐脈性不整脈を起こしたり、心不全が悪化することもあります。
塩酸プロカインアミドは、関節痛や皮膚に蝶のような紅斑ができるなど全身性エリテマトーデスに似た症状が現れることがあります。
かえって不整脈が起きやすくなるのは、強心薬のジギタリス製剤と併用すると、ジギタリス製剤の血液中の濃度が高くなります。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓病の薬物治療/心臓の電気刺激の副作用と注意点.html on line 62

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓病の薬物治療/心臓の電気刺激の副作用と注意点.html on line 64

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved