カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬は、カルシウムイオンが細胞に中に流れ込む入口を塞ぐ働きがあります。
カルシウムイオンが細胞内に入れないと、血管の収縮が抑えられるので、末梢の細い動脈が拡張して、血圧がさがります。カルシウム拮抗薬は、効き目が強く血圧を大きく変動させるものがあります。
また、効き目が穏やかなものがあります。
心臓病の治療で、効き目が穏やかなものが使われます。

副作用としては、全身の血管が拡張するので、顔のほてり、のぼせ、めまい、頭痛などの症状が現れることがあります。
長期間使用していると、歯茎が腫れてくる場合があります。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓病の薬物治療/カルシウム拮抗薬.html on line 60

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓病の薬物治療/カルシウム拮抗薬.html on line 62

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved