心臓弁膜症の種類

心臓弁膜症とは4つの弁のうち、何らかの原因で働きが損なわれる病気の総称で、弁の以上は2つに分けられます。
弁が十分に開かなくなって、血液の通り道が狭くなる狭窄症と弁の閉じ方が不完全なために血液の逆流が起こる閉鎖不全症です。
心臓弁膜症の95%以上は、大動脈弁と僧帽弁に起こります。
大動脈弁狭窄症・・・大動脈弁が十分に開かなくなります。
原因として、加齢に伴う弁の石灰化、リウマチ性変化、二尖弁の3つがあります。
最近特に、加齢に伴う弁の石灰化は増えています。
大動脈弁閉鎖不全症・・・大動脈弁がきちんと閉じなくなる状態です。
弁自体の異常によるものと、大動脈瘤など、大動脈の異常によるものがあります。
僧帽弁狭窄症・・・僧帽弁が狭くなって、左心房から左心室流れ込む血液が制限されます。
そのため、肺に血液がたまったり、心房細動を起こすことがあります。
僧帽弁狭窄症は、リウマチ熱という病気に伴って起こります。
しかし、最近は国内のリウマチ熱の患者数は減っているので、新しく僧帽弁狭窄症にかかる人は少なくなっています。
なお、僧帽弁狭窄症は女性に多く見られます。
僧帽弁閉鎖不全症・・・左心室から血液を送り出すときに、僧帽弁がきちんと閉じないため、血液が左心房に逆流してしまいます。
僧帽弁は腱索と呼ばれる細い糸のような組織で支えられていて、左心室が収縮するときに、弁がめくれないようになっています。
この腱索が何らかの理由で切れたり、弁の組織が変性するために正常な位置より突出することで、僧帽弁逆流が起こることがあります。
肺動脈弁と三尖弁の弁膜症・・・これらの弁は、大動脈弁と僧帽弁に比べて異常が起こりにくいです。
異常が起こったとしても軽症のものがほとんどです。
ただ、肺動脈弁狭窄症は子供に多く、重症の患者さんでは手術が行われることもあります。
三尖症の弁膜症は心不全や肺高血圧症などに伴うものが多く、ほとんどはもとの疾患の治療をすれば改善します。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓弁膜症/心臓弁膜症の種類.html on line 72

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓弁膜症/心臓弁膜症の種類.html on line 74

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved