食事、運動などの指導

回復期の講義では、第一に心筋梗塞を引き起こす危険因子について理解してもらいます。
さらに、医師、看護師、健康運動指導士、栄養士などから指導を受けて、生活全般の自己管理の方法について学んでいきます。
再発を予防するための食生活の指導を受けるときは、一緒に生活している人にも参加してもらうなど、いろいろな方法があります。
最近は、心筋梗塞の患者さんの入院が短くなってきているため、急性期のリハビリテーションが十分に行えないこともあります。
したがって、回復期のリハビリテーションがより重要になってきているのです。
回復期の心臓リハビリテーションは、心臓リハビリテーションの施設認定を受けた医療機関で行うときは、発症から6ヵ月間は健康保険が適用されます。
しかし、施設認定を受けている医療機関は、まだ多くありません。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓リハビリテーション/食事、運動などの指導.html on line 60

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓リハビリテーション/食事、運動などの指導.html on line 62

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved