回復期のリハビリテーションのプログラム

回復期のリハビリテーションのプログラム
<運動療法>
1.健康チェック・・・その日の運動処方を行う前に、血圧など測り、運動してもよいか体調を調べます。
2.ウォーミングアップ・・・準備運動を行い、軽い運動をゆっくりと15~25分は行うようにします。
3.運動療法・・・心拍数や血圧を見ながら、決められた運動を行います。
4.クーリングダウン・・・決められた量の運動が終わったら、徐々に運動強度を下げて、ゆっくり呼吸を戻します。
5.休憩・講義・・・運動が終わった後は、体を休めつつ、講義を受けます。

<講義>
1週目・・・リハビリテーション総論、エネルギーの供給過程とエアロビクス、食生活のあり方。
2週目・・・心臓病の仕組み、運動に対する一般的反応と運動処方の考え方、減塩と食生活。
3週目・・・心臓病の治療、運動効果、高脂血症と食生活。
4週目・・・生活管理、運動をする際のポイント、運動管理、外食・間食・アルコールについてなど。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓リハビリテーション/回復期のリハビリテーションのプログラム.html on line 65

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓リハビリテーション/回復期のリハビリテーションのプログラム.html on line 67

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved