危険因子の改善

維持期に、定期的に運動を行うと、心肺機能が高まると同時に、高血圧や糖尿病、高脂血症、肥満など心筋梗塞の原因となる動脈硬化の危険因子が改善されます。
また、ストレス解消にもつながります。
ただし、心筋梗塞の再発を防ぐには、運動だけでなく、食事内容やライフスタイルにも十分気をつける必要があります。
処方されている薬は、指示通り服用しなければなりません。
維持期のリハビリテーションは、生活全般のなかから、心筋梗塞を引き起こすさまざまな要因を取り除くことが目標です。
あれも、これもいけないでは、長続きはしません。
自分にあった内容で、無理なくずっと続けていくように心がけが必要です。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓リハビリテーション/危険因子の改善.html on line 59

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓リハビリテーション/危険因子の改善.html on line 61

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved