ウォーキングがおすすめ

運動では、無理のない範囲で全身運動を行い、心臓に適度な負担をかけることが大切です。
ウォーキングは、日常生活の基本となる運動強度なので、是非生活に取り入れてください。
生活のリズムに合わせていつでもできるということも大きな利点です。
しかし、心臓を患った患者さんには、早起きや、朝方の運動はあまり勧められません。
早朝から午前中にかけては、交感神経の働きが活発になっています。
この状態のときに運動すると、さらに交換神経の働きが強くなり、不整脈や冠動脈のれん縮を起こすきっかけとなる危険性があります。
ウォーキングを勧められるのは、夕食後です。
夕食後、ひと休みしたらウォーキングシューズを履いて約1時間、少し早足で歩きます。
1週間に3回程度を目安にします。
ウォーキングの強度は、歩いているときに、ちょっときついと感じるくらいか、あるいは汗がにじんでくる程度です。
また、水分補給も大切なことです。
ウォーキングの場合、出かける前にコップ1杯、帰ってきてからもコップ1杯の水をとります。
できればスポーツドリンクがお勧めです。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓リハビリテーション/ウォーキングがおすすめ.html on line 66

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓リハビリテーション/ウォーキングがおすすめ.html on line 68

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved