心筋の収縮

血液の循環は、心臓が一定のリズムで収縮と拡張を繰り返すことで行われます。
心臓が収縮と拡張を繰り返すことを拍動といいます。
この拍動は、電気刺激が作り出し、心臓の筋肉は電気刺激を感じると収縮して、電気刺激がなくなると、緩んで拡張します。
心臓の運動をつかさどる電気刺激を作り出すのが、右心房の上部にある洞結節です。
洞結節は、電気刺激を発生させる特殊な心筋です。
そこで発生した電気刺激は、房室結節という中継所の役割を果たす部分に伝達され、ヒス束へと送られます。
ヒス束は、心室中隔の右脚と左脚にわかれ、最後にプルキンエ線維という細い線維になります。
洞結節から出た電気刺激が心筋に伝わる経路を刺激伝導系といいます。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓の仕組みと働き/心筋の収縮.html on line 61

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓の仕組みと働き/心筋の収縮.html on line 63

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved