動悸

心臓が規則正しく動いているときは、自分の心臓の動きが、意識して感じられることはあまりありません。
何からのきっかけで、心臓の動きがいつもと違うように感じられることがあります。
これが、動悸と呼ばれる状態です。
突然起こることが多いので、強い不安感や胸部の不快感に襲われます。
動機には、大きく分けて、速く感じる、遅く感じる、強く感じる、乱れるという4つのタイプがあります。
早く感じるというときは、頻脈性不整脈のほか、甲状腺機能亢進症や脱水、貧血など、心臓以外の病気も考えられます。
精神的動揺が大きいときも速く感じることがあります。
逆に遅く感じるときは、洞不全症候群や房室ブロックなどの徐脈性不整脈のこともあります。
ただ強く感じるというときは、精神的なことに原因があることが多いようです。
また、乱れるというときは、期外収縮という不整脈が多く、心配いらないものです。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓の仕組みと働き/動悸.html on line 62

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心臓の仕組みと働き/動悸.html on line 64

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved