心筋梗塞の検査

心筋梗塞は一刻を争う病気なので、発作が起こったら救急車ですぐに医療機関を受診する必要があります。
医療機関では、症状などから心筋梗塞が疑われたら、一刻も早く治療を始めるために、検査が行われます。
心筋が壊死すると、心筋の細胞に含まれていた数多くの酵素が血液中に流れ出てきます。
この酵素の濃度を調べると、心筋梗塞の診断ができます。
特にトロポニンTという酵素は普段は血液中にはないので、血液検査でトロポニンTの値が上昇していると、心筋梗塞が容易に診断できます。
現在は、トロポニンTが血液中にあるかどうかを迅速に調べられる診断キットがあるので、患者さんの血液を少量採取するだけでわかります。
またほかには、心エコー検査や冠動脈造影検査によって心筋梗塞が起きている部分を調べることができます。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心筋梗塞/心筋梗塞の検査.html on line 59

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心筋梗塞/心筋梗塞の検査.html on line 61

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved