心不全の症状

血液の再分配が起こると、皮膚の血流量が減らされて、手足の冷えが起こります。
それでも血流が改善しないと、筋肉に循環する血液量が少なくなります。
すると、筋肉が酸素不足になって、疲労物質が回収されずにたまるので、倦怠感や疲れやすいなどの症状が現れてきます。
次に、血流量が少なくなるのが、腎臓です。
特に、活動量の多い日中は腎臓への血流が少なく、夜に多くなります。
そのため、夜間尿が起き、さらに進むと、消化器への血流も低下して、食欲不振やおなかが張るなどの症状が現れます。
心不全になると、心臓から送り出される血液の減少を、拍動を増やすことで補おうとします。
心不全では、動悸が起こりやすくなります。
体を横にすると息苦しく、起こすと呼吸が楽になる起坐呼吸という症状が見られます。
起坐呼吸は、肺水腫が進行すると現れる症状です。
起坐呼吸が現れると、心不全がかなり進行していることが疑われます。
そのほか、不整脈が発生したり、むくみが起こることもあります。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心不全/心不全の症状.html on line 65

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/心不全/心不全の症状.html on line 67

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved