特殊な筒を送り込む

ステントグラフトという筒を脚の付け根の血管から、カテーテルで大動脈瘤のところに送り込む治療法です。
胸部や腹部を切開する必要はないので、人工血管置換術に比べて、身体的負担は軽く、再治療も容易にできます。
ただ、新しい治療法なので、長期にわたる経過が不明という不安もあります。
ステントグラフトは人工血管よりも薄いので、耐久性も気になるところです。
ステントグラフトは、手術が難しい患者さんを中心に用いています。
高齢の人、がんや脳梗塞などになったことがある人、腎臓や心臓の機能が低下している人などです。
また、仮性大動脈瘤では、その原因によりますが、ステントグラフトで治療することが増えています。
ステントグラフト挿入後は、1週間以内に退院できます。
しかし、ステントグラフトを入れた部分に痛みが起こったときなどは、2週間程度の入院が必要です。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/大動脈瘤/特殊な筒を送り込む.html on line 61

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/大動脈瘤/特殊な筒を送り込む.html on line 63

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved