小児科や循環器科でチェックを受けている

生まれつき心臓や周囲の大きな血管の形に異常があることを、先天性心疾患といいます。
胎児の心臓が形成される妊娠3週間~3ヵ月ぐらいの時期に、母親が風疹などの病気に感染することや、染色体異常などで起こることもあります。
しかし、多くは原因不明です。
先天性心疾患がある人は、100人に1人ほどいわれています。
そのうち半数は、子供のうちに治療を受けているとされます。
最近は手術技術が進歩したこともあり、完治できるようになっています。
しかし、手術では完全に治療しきれないこともあります。
そのときは、手術後も治療を継続したり、経過を見ていく必要があります。
また、程度が軽く、手術を受けずに様子を見ていた人は、大人になって症状が進んでくることもあります。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/大人の先天性心疾患/小児科や循環器科でチェックを受けている.html on line 61

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/大人の先天性心疾患/小児科や循環器科でチェックを受けている.html on line 63

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved