在宅点滴治療

持続的な静脈注射による治療は、入院して行われます。
しかし最近は、プロスタサイクリン在宅持続静注療法という在宅療法がはじまっています。
プロスタサイクリンは、症状の改善に有効な薬ですが、体内に入るとすぐに分解されるので、24時間継続して点滴する必要があります。
心臓に近い場所に、薬を入れるためのカテーテルを留置する必要がありますが、輸液ポンプはカセットテープレコーダー程度の大きさなので、外出することもできます。
復学や復職も可能になり、治療を続けながら日常生活が送れるようになります。
ただ、在宅療法を受けるには、入院して、薬の取り扱い方、輸液ポンプの操作方法などしっかりと覚える必要があります。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/原発性肺高血圧症/在宅点滴治療.html on line 58

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/原発性肺高血圧症/在宅点滴治療.html on line 60

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved