診察

ほとんど場合、診察の時には不整脈が治まっています。
そのため、詳しく話しを聞くことが診断するには、大切です。
問診では、症状を具体的に話します。
動悸がするといっても、胸がドキンと詰まる、拍動が速く感じる、突然始まって突然鎮まるなど詳しく話しましょう。
心臓が規則正しく拍動しているときは、拍動と脈拍は対応しています。
ところが、拍動が乱れると、脈拍は心臓の状態は一致しません。
動悸は、心臓の動きになんらかの変化が起こったときに感じられるものです。
動悸が起こったときの症状が診断の助けになります。
脈拍の速さを言葉で再現したり、どんなときに不整脈が起きたなども話しましょう。
徹夜や大量飲酒などのきっかけがないか、起きた時間などは、診断と治療の参考になります。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/不整脈/診察.html on line 62

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/不整脈/診察.html on line 64

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved