治療方針

治療が必要かどうかはまず、不整脈そのものの危険度によって違います。
不整脈で最も怖いのは、突然死です。
突然死の可能性がある不整脈の場合、症状が軽くても、治療をしなければいけません。
不整脈によって不便をどの程度感じているかもポイントです。
自覚症状が強く、日常生活に差し支えるときは、症状を抑える治療が必要です。
また、不整脈が長く続くことで、心臓が弱まります。
それにより、心不全を招くこともあります。
心臓を守るために不整脈の治療が行われことになります。
健診などで不整脈を指摘されても、検査の結果何も心配ないと診断されたときは、あまり気にしないようにすることも大切です。
薬を、毎日飲むことも負担となり、ときには副作用など不都合なことが起こってきて、治療がマイナスになることもあります。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/不整脈/治療方針.html on line 62

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/不整脈/治療方針.html on line 64

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved