不整脈の特徴

不整脈の患者さんの数は、増加傾向にあります。
不整脈には、原因不明のもの、WPW症候群のように刺激伝導系に異常があって起こるものなど、心臓に何らかの病気があるために起こるものがあります。
狭心症や心筋梗塞などの人も増えるのに伴って、不整脈の患者さんの数も増えているのです。
突然死の前触れとなる不整脈がわかってきたことで、突然死を予防するために早くから治療が始められるようになったことも関係しています。
中高年に多く、年齢が上がるとともに患者さんの数が増えます。
心房細動にお年寄りに起こりやすい不整脈で、50歳代では患者さんは約0.5%です。
65歳以上では約5%、80歳代では約9%にまで増えます。



Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1151) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/不整脈/不整脈の特徴.html on line 60

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro/public_html/xn--15tv30crqi.kenko-daijiten.com/不整脈/不整脈の特徴.html on line 62

心臓の仕組みと働き

心臓病の検査

不整脈

不整脈の非薬物治療

狭心症

心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞の非薬物治療

突発性心筋症

急性心筋炎

心膜炎

心タンポナーデ

心臓弁膜症

感染症心内膜炎

大動脈瘤

解離性大動脈瘤

急性肺塞栓症

原発性肺高血圧症

大人の先天性心疾患

心不全

心臓病の薬物治療

心臓リハビリテーション

日常生活のポイント

心臓病で使われる主な薬

相互リンク

Copyright © 2007 心臓病大事典. All rights reserved